トマトの効能とキュートなとこ

美容・健康
スポンサーリンク

まず、トマトって栄養価が高い。

リコピンには抗酸化作用があるため老化防止や美肌に効くし(もはや常識になった)

便通をよくするし、美白効果もささやかれています。(体感的意見を含む)

過熱するとさらに栄養が増幅するらしいので(一方でビタミンCに関しては壊れて減ってしまうが..)スープや煮込み料理、ソースに用いると良いでしょう。

私は昔から赤い食べ物が基本的に好きでして。

(トマト料理のレパートリーは最後にいくつか挙げましょう)

海老🦐カニ🦀イチゴ🍓イクラ✨りんご飴🍎

それらは風味豊かで華のある食材や食べ物なのです。(そうとも言い切れませんが)

紅ショウガは焼きそばと牛丼を著しくおいしくする。

それって気分の問題なのかしら?

いや違うよ

おそらく、私が思うに「赤」という色にはすごいエネルギーが秘められているのではないであろうか!?そう思うのです。

~プラスαのいい事~

こんなスラングをご存知でしょうか?

the cheree on top (of the cake/the sundae)

→ (ケーキやパフェなどに) 添えられたサクランボ🍒 *直訳

意味は、もともといい感じなんだけど さらに完璧にさせる何かーという意味なんだそうな。

嬉しいおまけつき・好ましい特典・この上ない好条件=最高です!!を強めにアピールしてメリットを伝えるような慣用句であります。

良かったら頭の隅に置いて置きましょう。

とにかく、赤はめでたくテンションの上がるカラーだと言えるでしょう。

中国で赤が好まれるのもそうだし、スペインの闘牛を見ても赤を使う。

この赤色の感覚はDNAレベルで人類に刻まれた無意識の意識なのかもしれませんね。

ちなみに牛が暴走するのはひらひらが気になってイライラするのであって、色彩感覚はないらしいですよ。

人間が赤い旗を見て興奮するから旗は赤いのだそうです!(まじか。)

それで最終的に思い至るのは、赤色は血の色を連想するという説が私には一番しっくりいたします。

あるときには興奮するホルモンを刺激する。

あるときには危機感や注目度を高める。

生命力を維持したり豊かな健康の為には良質な血液がたっぷり通っている必要があるでしょう。

食欲がわく、やる気が起こる、行動的になるなどの心理的効果は既にポピュラーです。

あるいはここで、実は違う角度から見ることもできます。

女っぽさを感じる色というテーマ。

紅を差すと顔色全体がパッと引き立ち、色香が際立つ。

口紅をつけたり馴染ませているその仕草自体が、もはやセクシーに感じてしまいますね。

これも、もとはと言えば血液の連想から来ているイメージです。

若くて生命力があって子宝にもたくさん恵まれそうな女というものを男は遺伝子で求めるのだそう。

私が子供の時はまだ男の子は青いもの、女の子は赤いものを という風習が何となく残っていました。

赤い服を着た女性はとても女らしいし、赤いスーツのルパン三世はセクシー。

(泥棒があんな目立つ色の格好をしてなぜ大丈夫なんだ?)

生まれたばかりの子供は赤子、赤ちゃん、赤ん坊などと呼びます。

皮膚が薄く新鮮な血液の色が透けて見えるため真っ赤だからかな?

赤いものはかわいい。

赤いものは大事にしたくなる。

よってまとめると、赤い食べ物を食べているとき私は幸福な気分にさせられるのであります。

BTSがVLIVEで歌っていた「おしゃれなトマト」は耳から離れなくなるし面白かったですね!!

知ってる?ARMYのなかでは有名で(^^♪

相変わらず可愛かった~。

トマトを食べる料理

ミートソース

パスタやグラタン・ドリアにもOKセロリを入れると美味で日持ちも良くなる。

チーズがばっちり合うのでタンパク質もさらに補給できる。

・トマトラーメン

某カップヌードル界の人気商品チリトマのようにラーメンにトマトは合う!

ウエイパーや鳥ガラなど出汁を利かせる事がポイント。

*ちなみに玉ねぎやトマトはうまみ成分が多くそれ自体が出汁になると聞いたことがある。

・トマトの卵炒め

トマトの酸味がいい!中国の家庭料と聞く。

・トマトの甘酢漬

砂糖・醤油(orめんつゆ)・酢、に漬けて冷やして食べる。

食欲が落ちる夏に元気が出る惣菜。バクバクいける!

・冷やしトマト

結局シンプルイズベストか、塩、マヨネーズで頂く輪切りのトマトは美味しい!

トマトを食べてプラスαの利を得ようではないか!

☆お安いトマト缶も賢く利用すると絶対にいいと思います。

コメント