まほうのレシピを観て英語を学ぼう【Just add Magic】第2回

海外ドラマ
スポンサーリンク

現在〈amazonプライムビデオ〉で公開中の人気テレビドラマシリーズ「まほうのレシピ(シーズン3)」(Just add magic)。英語を勉強中の皆さんには、ぴったりの内容だと思います!それは、まずシンプルな物語ナチュラルな言葉の表現で理解しやすい!そして、ドラマそのものがおもしろくて飽きない!そんな訳でこの「まほうのレシピ」のシーンをいくつか抜粋してご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

時空を飛ぶワカモレ ベッキーが変えた未来パート2

「時空を飛ぶワカモレ」の回ではアボカド料理のワカモレで主人公ケリーのおばあちゃんが過去から現れます。そしてOC(ベッキー、アイダ、ジーナ)の友情が壊れてしまった事実を知ります。ベッキーが未来から過去へ戻った途端に周りの状況は一変。元の未来を取り返すためにはもう一度仲間割れをさせる他ありませんでした。

I want my mobium back, Ida.

Are you accusing me of stealing it?

Who else would do that? You’re trying to cook that spell of yourself it. You can hang on the book forever.

I told you. I woudn’t do that. You don’t believe me… I’ll prove it. You can have recipe and make sure I don’t cook it.

-「独占するキャセロール」のレシピを取りに行く-

「モービアムを返して」 ※モービアムは魔法に使うハーブの種(スパイス)

「私が盗んだと?」 ※accuse 責める、steal 盗む

「本を独占する料理を作る気なんでしょ?」 ※(←誰が盗もうとしますか?あなたは自分自身にかける魔法の料理を作ろうとしています。あなたは永遠にその本を手放さないでいられます。)

「そんなことしない 作れないようにレシピを持っていけばいい」 ※prove ~を証明する

It’s gone. You just couldn’t trust me.

I don’t steal anything.

We’ll done, Gina. You crossed the line.

「レシピを盗んだのね」 ※(←なくなっている!あなたはやはり私を信用できなかったのです。)

「知らないわ」 ※(←私は何も盗んでいません。)

「あんたとは絶交よ」 ※(←私たちはおしまいです。ジーナ。あなたは一線を超えました。)、crosse the line (許容範囲や人間関係において)一線を超える

You need to be stoped, Ida.

Please,by who?

Me! I’m gonna make sure you never leave here.

You do that. And you can kiss your dream the start of goodbye.

「勝手なことはさせない」

「だれが私を止められる?」

「私が止めるわ 二度と町から出さない」 

「じゃあピアニストの夢はあきらめるのね」 ※(←そうして下さい。あなたの夢とさよならのキスをするといいでしょう。)

いかがでしたでしょうか。今回は空飛ぶワカモレというまほうのレシピのお話から喧嘩のシーンに注目してみました。英文を見ると翻訳の意味よりもちょっと熱量のある会話内容という印象を持ちました。アイダとジーナがこうしてお互いに魔法をかけたことが以前のシリーズの話とつながりより興味深くなっていますね!このシリーズは難しい単語が少ない言葉の癖を感じにくいと思ったので、英語見習い中の人にはとてもお勧めできますぜひ一度ご覧になってみてはいかがでしょうか!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント