会話からよく耳に入って来る単語 obviously, exactly, absolutely, definitely, totally, actuallyって何の意味?

英語
スポンサーリンク

現在YouTubeインスタグラムTikTokでも目立つようになってきたのが、ワンフレーズ系英会話チャンネル。または、TVビデオオンデマンド(VOD)でも手軽に英語が聞けます。英語を独学で十分学べる環境が揃っている状態なんですよね。私も今勉強中なのですが何度も調べたり、見て聞いて書き込んでいきましょう!語学のトレーニングは「慣れ」が一番身になるので、身近なツールを上手に使うことが続けていくコツ(Tip)ではないでしょうか?

今回はobviously/exactly/absolutely/definitey/totally/actually について、どのように使えばいいのかをまとめました。私はこれらを初めて聞いたとき、めっちゃカッコいいぞ!(ネイティブっぽくて)と思いました(笑)。でも、自分にはどれも似た感じがしてよくわかりませんでした!とにかくよく出てくる「○○○○○ly」。発音が難しそうに感じますが、使えるとすごく便利な単語ですね!ではさっそく見ていきましょう!

Y氏
Y氏

それって、

ラブリーとかロンリーとか、「~な○○」という意味かしら…。

スポンサーリンク

obviously の意味や使い方

“obviously” は、明らかに(解りずらくない) 誰がどう見たって絶対にそうだ!! 歴然!という場合に使います。目の前の状況からするにこうだよね 言うまでもない 当然あたりまえだろう どう考えてももちろん などの意味です。

Someone is obviously telling a lie. ※明らかに誰かが嘘をついている。

You were obviously happy hearing that. ※そう聞いて、見るからにあなたは嬉しそうだった。

Obviously, you don’t understand me. ※ぜんっぜん分かってないでしょ?

Of course! Obviously! ※もちろん!あたりまえ~!

exactly の意味や使い方

“exactly” はその通り!! まさしくそれだ!!という意味です。

“exactly” の正確さ(確実さ)は、厳密で測ったようにぴったりな きっかりとした状態ものです。(正しくブレがない様子だと思ってください。) 日本語でくだけた言い方をすると「それな。」という言葉が当てはまると思います!

That’s exactly right. ※まさにその通りだね。(正確に正しい)

It’s exactly six o’clock. ※ちょうど6時です。

What exactly do you mean? ※つまり(正確に言うと)、どういう意味?

He didn’t exactly look happy. ※彼はあまり(100%)幸せそうには見えなかった。not exactly 正確には違う

absolutely の意味や使い方

“absolutely” は、きっぱり完全に、絶対という意味で、確実性の度合いを表す単語です。(その中で最上位)  100%か気持ちはそれ以上!

また、超~/マジで~ のように「とても」の意味も含みます。(great のようなレベルを測定できないものに対しても意味を強調することが出来ます。)

Absolutely yes!! = Absolutely!! ※そうですね! その通り! もちろん! いいよ! 絶対賛成!

(yes を省略しても伝わります。)

Absolutely not!! ※絶対に違う! とんでもない!

Absolutely no!! 絶対にだめ!

Absolutely nothing. なーーーんにもない。

Absolutely, don’t go anywhere. ※絶対、どこにも行かないで。

Iron is absolutely necessary. ※鉄分は不可欠です。(絶対に必要だ)

That’s absolutely fine. ※(全然)構いませんよ。

I’m not absolutely satisfied. ※全てに(100%)満足しているわけではない。 be satisied 満足する

definitely の意味や使い方

“definitely” は、必ずという強い確信を持った完全さを表現します。こちらも確実性の度合いを表す単語です。(確実性は互角くらいで2位)間違いなく 疑いのない 絶対 確かに 明らかに はっきり という意味があります。

また、”definitely” は「明らかさ」を表す意味もありますが、”obviously” には客観的な目線も含まれています。

Definitely yes!! = Definitely!! ※そうですね! その通り! もちろん! いいよ! 絶対賛成!

(yes を省略しても伝わります。)

Definitely not!! ※絶対に違う! とんでもない!

Definitely no!! ※絶対にだめ!

You’re definitely right. ※あなたは絶対間違ってない。(疑いなく間違いなく正しい)

I definitely need a holiday. ※切実に休暇が必要。

You’ll definitely do  it. ※必ずね!

I definitely wanna try and use it. ※ぜひ使ってみたいです。

totally の意味や使い方

“totally” もまた、完全という意味を持つ単語です。全くもって完全に 絶対 完璧な 総合的に見てすっかり マジ もちろん などを伝える表現です。1から10までまるまると全て!!(100%隅々まで) わりとカジュアルな響きの言葉です。

Totally yes!! = Totally!! そうですね! その通り! もちろん! いいよ! 絶対賛成!

(yes を省略しても伝わります。)

Totally not!! ※絶対に違う! とんでもない!

Totally no!! ※絶対にだめ

I totally misunderstood. ※めっちゃ勘違いしてた!

It’s totally slipped my mind. ※すっかり忘れてた~! slipped one’s mind うっかり忘れて

I’m totally fine. ※私は全く平気だよ!

I totally love this aroma. ※この香り大好き!(すっかりとりこ)

I totally hate bugs. ※私は虫がマジで無理!

actually の意味や使い方

“actully” は、実際に 本当に やっぱり 意外に という意味です。

When you lose, you actually win. ※負けるが(じつは)勝ち

Actually, not so fun. ※実は意外と面白くなかった。

That’s actually good! ※それ、マジで良い!

最後に簡潔にまとめてみた!

obviously: どう見ても 客観性と確信がある

exactly: ぴたり 強く同意

absolutely: 絶対的に 強くYES

definitely: 必ず 強くYES 確信がある

totally: まるごと 強くYES

actually: 本当のところ あえて主張

いかがでしたでしょうか。このように、迷いなく又はしっかりと自分の意見を伝えるという事は、場合によってすごく重要なポイントになりますよね!

今回は副詞を扱いましたが○○○lyシリーズは、口癖で言ってる人も多いから本当によく耳にします(笑)。もしかすると海外ドラマ映画アニメインスタ等どこかで今日のフレーズを見つけるかもしれないですね!もちろん身近に英語を話す知り合いがいたら、積極的に話の中でぜひ使ってみて下さいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント