“there”の意味や使い方について

英語
スポンサーリンク

現在YouTubeインスタグラムTikTokでも目立つようになってきたのが、ワンフレーズ系英会話チャンネル。または、TVビデオオンデマンド(VOD)でも手軽に英語が聞けます。英語を独学で十分学べる環境が揃っている状態なんですよね。私も今勉強中なのですが何度も調べたり、見て聞いて書き込んでいきましょう!語学のトレーニングは「慣れ」が一番身になるので、身近なツールを上手に使うことが続けていくコツ(Tip)ではないでしょうか?

今回は”there”についてどのように使えばいいのかをまとめました。さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

there の意味は大きく2種類 ~がある/そこに

 

Y氏
Y氏

“there”は、使用頻度が高くて、解釈の広い言葉だよ。会話に欠くことのできない単語なんだよ~。

①~がある、~がいる、②そこに、そっちに

(さあ)、(ほら)、(ああ)、(よしよし)、(そこの君たち)

という意味があるんだよ。

T氏
T氏

そうねぇ、でも少しわかりづらいな…。

Y氏
Y氏

や、やっぱり!?…う、う~んと、それなら、具体的にどんな言い方をしたらいいのか、例文やフレーズをどんどん挙げていこうかな!!

there is … ~がある を使った例文

 

Y氏
Y氏

始めの、

①there+be動詞「~がある」は、物質だけではなくて形の無いものに対しても使える文章だよ!存在を伝えるための単語として使うんだよね。

 

まずは、1番シンプルな文の形は「there+be動詞~」です。「~がある」という意味ですね。thereを使う上で基本の文章です。

There is a book on the table. ※テーブルの上に本がある。

There’s so much to see. ※見どころ満載だよ。

There must be a mistake. ※何かの間違いだ。

 

そして、「there+be動詞+no~」となると、「~がない~することはとても出来ない」という意味になります。

There’s no help. ※望みなし。

There’s no progress. ※なんの進歩もない。

There’s no going back. ※もう後戻りはできない。

There’re no one left. ※もう誰もいない。

Is there no hope? ※もうだめですか?

 

“There’s nothing like…” を使えば「~ほど良いものは無い」という意味になります。

There’s nothing like beautiful fireworks! ※美しい花火ほどいいものはないよね!

 

“nothing like~” と同じように、”…thing” を使えば、後ろに詳しい説明などを加えた文章になります。

There’s something I need to tell you. ※ちょっと報告しなきゃいけないことがあるんだけど。

There’s something wrong with her. ※彼女は何か間違っている。

There’s one thing I don’t get. ※分からないことが一つ。

Is there anything you don’t like? ※苦手なものはありますか?(食べ物の好みを聞くときなど)

 

something …about~” を合わせれば、「なんとなく~は…だと思う気になる(目に見えてない何かがある)」という意味になります。

There’s something about him. ※彼にはどこか特別なものを感じる。

「There’s Something About Mary」(1998) ※(コメディー映画の)「メリーに首ったけ」

There’s something mysterious about the accident.  ※この事故はなにか謎があるぞ。

there そこに を使った例文

 

Y氏
Y氏

後半に入る前に、

there「そこに」のイメージを確認するよ~!

「ここ(here)」よりも少し距離が離れているのがポイントだよ。「ここhere」く「そこthere」く「あそこover there」と少しずつ距離が微妙に離れていく感覚なのが分かるかな?

①there+be動詞「~がある」という意味の他に、距離感を意味する単語でもあるんだね。ちなみに、①は文章の頭にthereがくるけど、②の場合は場所や距離を伝えているので置く位置はバラバラだよ~。

 

Hi there! ※やぁ(カジュアルなあいさつ。そこの人こんにちは!)

There you are! ※あー来たね!(待ち合わせ場所で見つけた時のあいさつ)いらっしゃい(家などに招いた場合のあいさつ)、又はそこに居たんだね!(なかなか捕まらない相手を見つけた時の言葉)です。直訳はそこのあなた!

そして、”There you are!” は”There!” と略して使われるケースもあります。「さあ」や「はい、はい」「ほら」など、相手に語り掛けたりいろんなシーンでよく使われていますよね!とても使い勝手のある言葉です。

※”There you are.” は他の意味もあるので後に例文を用いて説明します!!

   

She leftthere a week ago. ※彼女は一週間前にそこを発った。

I’ll bethere in a minute. ※すぐそこに行くからね。

I’ll bethere in no time. ※今すぐそこへ飛んで行くからね。

…ちなみに、”I’ll be there!”は参加する(行くよ)と言いたいときにも使うことが出来ます!

I’m almostthere. ※もうすぐ(そっちに)着くよ。

Are wethere yet? ※まだ着かないの?(移動中の子供が言いがちなセリフ)

Hang in there! ※頑張れ!(しっかりして あきらめないでいてね)←直訳すると、その状況で留まっていて しがみついて です。状況が厳しい場合に選ぶべきフレーズですね!

Y氏
Y氏

電話で話すときにもthereは使われるんだよ~。

 

℡/Hi. This is Yuutunn speaking. Is Kenthere? ※どうも、こちらはゆうつんです。そちらにケンいますか?(①There is Ken. ケンがいる。←存在、 ②Ken is there. ケンはそこ。←場所) ②の疑問形です。電話の向こうなのでthereを使った距離感なのですね。

℡/ Are you there? ※もしもし?(ねぇ、聞こえてますか?) 電話での定番のセリフです。

 

次に、”there and back” -“there and then“- “right there” -“out there“の意味をそれぞれ紹介します。

It took us three days to getthere and back. ※そこへの往復に3日かかった。there and back 往復

I’ve decidedthere and thento live there. ※その場ですぐにそこに住む事を決めた。decid to… ~を決める、there and then その場(そこ)で直ちに、すぐさま

Just stoprightthere. ※そこまでだ。right there その場で(まさしくそこ ちょうどそこ 目の前の)

 

It seems to be coldout there. ※外は寒そうだ。seem ~のように見える、out there 外に、外側に

Yutunn isout theresomewhere. ※ゆうつんさんは行方不明だ。(もとの居場所を離れてどこかの場所にいる)

He is (way)outthere. ※あいつはかなりヤバイ。外側の世界にいる存在←普通ではない 良くも悪くも並はずれている様子です。トーンを変えると意味を反対にすることが出来ます。

You gotta be strong to surviveout there. ※世の中で生き抜くためには強くならなきゃね。gotta =have go to… ~しなくちゃダメ、out there 外側の場所←世の中世界という意味にもなります。

 

また、”get there” もいろんな場面で使うことが出来ます。でもおおよそのイメージをつかめば大丈夫です!!

It’s a cinch toget there. ※そこへなんなく行ける。 a cinch 簡単に get there (そこに)到着する

You’ll get thereif you think about it hard enough. ※一生懸命に考えれば、理解できるようになるって!get there そこにたどり着く←理解する そうなる 合点がゆく 着実に前進している、という意味にもなります。

I’m getting there. ※だんだん良くなってきているよ。(目標に到着する途中)、getting there ~になりつつある(thereは会話の内容を指します。) あと少し 今ムーブメントが来ている(ノっている)

I finallygot there! ※ついに成功した!(目標を達成した!)  finally 最後に ついに

 

次は、”I’ve been there.” の使い方2種類を紹介します。「そこに行ったことがある」と「経験済みだ」です!足を運んだ経験シチュエーションに対しての経験と、両方にあてはまるのがおもしろいですね!この言葉は、共感を伝えたり、うんざりだともいえるフレーズになります。

I have been there twice. ※そこに2回行ったことがある。

I’ve been there and have done that.➡Been there,done that.(省略したもの) ※直訳は、そこに行ったこともあるし、それをしたこともある。←「それならよく経験済みだ」となります。

・わかるなぁ~(私にもそんなことがあったよ あなただけじゃないよ その通りさ) 慰めや励ましの言葉になります。

・もうたくさん…。(もう知り尽くしているんだ 興味は薄れてしまった ウンザリしてる) という意味にもなります。

 

最後に、”There you are.” についてご紹介します!ここで紹介するのは、“There you are.”=”There you go.”2つを 同じ意味で使うことが出来ます!ちなみに、おそらく”There you are.”のほうが響きがフォーマルかもしれません。(ほんの少しのちがいですが、go はストレートな印象の単語なので)

Your total comes out to$30. There you are.  ※お会計30ドルです。-はい、これで。そこに置きます、お取りください、召し上がれ、これあげる、どうぞ (渡す人がまだ手に持っているのならhere を用いるのが適切です。置いたそれをどうぞ!という意味です。)

There you are. ※ほらね。←思った通りだったとき、それでOK←合っているか伝えるとき、まぁそうなるよね… ← (=exactly)、 しょうがない

There you go again… ※出た出た、またかよ。はじまったか

There you go!Congrats! ※よくやったね!おめでとう!

 

Y氏
Y氏

用法があり過ぎて戸惑っちゃうよね。でも始めから完璧を目指す必要はないんだよ。忘れては頭に入れなおす!その繰り返しが大切だよ~。

さて、いかがでしたでしょうか。もしかすると海外ドラマ映画アニメインスタ等どこかで今日のフレーズを見つけるかもしれないですね!もちろん身近に英語を話す知り合いがいたら、積極的に話の中でぜひ使ってみて下さいね! そして、読み返せるようにこのページをブックマークしていただければ嬉しく思います!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント