クロスアライン(やり過ぎ)【cross a line の使い方】

yuutunnenglish

現在YouTubeインスタグラムTikTokでも目立つようになってきたのが、ワンフレーズ系英会話チャンネル。または、TVビデオオンデマンド(VOD)でも手軽に英語が聞けます。英語を独学で十分学べる環境が揃っている状態なんですよね。私も今勉強中なのですが何度も調べたり、見て聞いて書き込んでいきましょう!語学のトレーニングは「慣れ」が一番身になるので、身近なツールを上手に使うことが続けていくコツ(Tip)ではないでしょうか?

今回はcross a line の意味と使い方についてまとめました。さっそく見ていきましょう!

cross a line 意味

“a line” あるひとつのライン、または “the line” 特定のそのライン (を) “越えるcross” が、直接の意味ですが日本語で言う「一線を越えた」がちょうどぴったりと当てはまるなと考えるとラクだと思います。「線引き」という言葉があるように、人はここまでという範囲に線を引いて区切ってその範囲に収まるように各々に戒めようとします。線引きは、物事をきちんとうまく収めるためにある程度必要なことでもありますよね。

Y氏
Y氏

cross にはこんな意味があるよ!

交差する、渉る、踏み越える、何とかする(乗り切る)、超える、行き違いする、横切る(横断する)、邪魔する、よぎる、不機嫌な(≒annoy)、裏切る、反対の、混血の・交配の、組み合わせる、交わる、相互の、十字型、バツ印(×)、(キリストの)十字架、障害(キリストの受難)、ちなみにクロスビデオXvideosとはAVのことだよ。ゼロゼロをダブルオーと言ったり、エックスをクロスと読んだりおもしろいね。

cross a line 例文

You’ve crossed a line there. あなた一線越えてしまったね。

You’ve really crossed a line this time. ※今回は本当にやり過ぎですよ。

Yuutunn crossed a line. ※ゆうつんって普通じゃないよね~。(悪口)

That’s crossing a line between kindness and officiousness. ※それってありがた迷惑だわ。(親切の度が過ぎておせっかいなの。)

I hope I’m not crossing a line. ※こんなことを言って失礼にならないといいんだけど。(口出しするのもなんだけど。)

Yuutunn must draw the line, not be so soft. ※ゆうつんはそんなに優しくない、一線を引くに違いない。

ちなみに、drow the line 線引きする なんていう言葉もあります。あと、Don’t cross me. で「私を怒らせないで」とも言えます。(境界線を越えてこっちに来ないで。私そしたら怒るからね。) ※文脈によっては「逆らうな・裏切るな」という意味で使っている場合があります。

cross the line 例文

cross a line とも言うし cross the line とも言います(どちらの表現も使われます)。私の好きなドラマの「グレイズアナトミー」では cross a line を使ったフレーズがしょっちゅうあったので親しみを込めて a をメインで進めていますがどちらも間違いではありません。(特定できるものにはthe がふさわしいと思います。)

You’re crossing the line. ※度を越してる、ルール違反だよ。

Once you cross the line, there’s no return. ※その一線を越えたら、もう戻りようがないよ。(男女の関係についても言える)

And then, we crossed the line into risky territory. ※そして、一線を越え危険な領域に入った。

The season crossed the line here in Okinawa. ※沖縄では季節外れの気候になった。

I ‘ll cross the line required time then. ※じゃあ、要求された時間内にゴールするよ。

cross line

Y氏
Y氏

“cross line” だって?

そりゃただの「十字線(十字に交わっているライン)」さ。

デザインとかね。

Cross This Line

step over the line 例文

step over も cross と同じく「またぐ」の意味を持ちます。なので cross を step over に置き換えても同じように使うことが出来ます(もちろん同様に a でも the でも表現されます)。

That was over a line. I’m so sorry. ※ちょっと言い過ぎた。ごめんね。

I was way over a line. ※俺は飲み過ぎた。(許容量以上だった。) way かなり はるかに

You’re stepping over the line now. ※度が過ぎてます。

You’ve got to step over the line sometimes. ※時には現状を越えて前に進む必要がある。

この文章の場合には、”( have) got to ~ = gotta~” の to です。(~しなければいけなくなった、という状況) なので、「step over (一つ上に行く)+しなきゃ! 」という文の構造になっています。

We know, they have steped over the line. ※彼らは一歩踏み出したんだ。

cross a boundary 例文

line を boundary に置き換えての表現もありますが「やり過ぎ・度が過ぎる」の意味はありません。ここでは、「境界(区切られた部分)を越えること」を指します。(boundary は境界 国境線 境目 界面 区域 の意味を持ちます。)

I cross the boundary. = I cross the border . ※私は国境を越えます。

Never cross the boudaries of freedom of expression. ※表現の自由を脅かさないでください。

The important thing is never cross the boundaries of immorality ※大事なのは人の道を決して外さないことだよ。 immorality インモラルな 道徳心のない

It’s crossing the boundary between physical and digital. ※物理的なものとデジタル的なものとの出会い。

When do you cross the magical boundary that stops you from dreaming big? ※夢を邪魔する謎の壁を打ち破ってみませんか?(大きな夢を見ることを阻んだその摩訶不思議な境界線(→実際にはそんなものは無い)とやらをいつ乗り越える?) (いつやるのー今でしょ!のあれのパターンですね。)

★「Boundaries!」境界線よろしく!(近いよ~とか馴れ馴れしいぞ、お互いに立ち入りたくないなどのニュアンス)これもよく聞くセリフだと思います。一言でぴしっと分かりやすいですね。

way out of line 例文

out of line の意味は「列や線からはみ出る」「的外れの(範囲外)」「言い過ぎる(話の本質の場所から外れる)」「生意気・失礼 」などです。(line はセリフや言葉という意味でもあります。) ★way は誇張の意味で使います。(かなり~、超~、より遠いイメージ)

You’re way out of line! ※言い過ぎだよ! (文脈によってやり過ぎだよ!本当に協調性がないのね!見当違いだよ!生意気野郎!にもなる。)

You shouldn’t have said that. You were out of line. ※それを言ったらよくないよ。言い過ぎだったね。

I know that I was way out of line. ※あぁ、私ったら口が過ぎたようね。

Do you think I was out of line? ※ちょっと行き過ぎましたか?

I was way out of line earlier. ※さっきは私の早とちりでした。

Unlike me, you’re way out of line. ※私と違って、あなたは協調性がないよ。

You are out of line for a parent. ※あなたは、親としてずれているわよ。

おまけ 【out of / of のイメージ】

out(外に)of(の)/~の外に出る

アウトは①離れた場に移動したり外(あるものとの間に隔たりがある)を指す②何かから姿を表す(出現)、このイメージでだいたいを捉えるとします。オブは何かの一部だったものがびよーんと飛び出して繋がったままソロ活動している状態と考えます。最終的にアウトオブで「~の範囲外(のポジション)」になります。遠くに外れた、ある部分から離れたなどとも言えます。(アウトオブ眼中→眼中にない、なんて昔よく言ってましたよね。)

話のついでですがオフoff の語源はオブof なのですが、オブのびょーんと伸びたバネ部分をチョキンと切り落としたものがオフです。意味は「完全に離れる」です。日常から切り離すとOFF、電流が流れないように切り離すとOFFになります。

いかがでしたでしょうか。結構使う単語かなと思ったのでフレーズをたくさん載せました。もしかすると海外ドラマ映画アニメインスタ等どこかで今日のフレーズを見つけるかもしれないですね!もちろん身近に英語を話す知り合いがいたら、積極的に話の中でぜひ使ってみて下さいね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

Crossing A Line (Official Video) – Mike Shinoda

コメント